中古車は売り方も考える

中古車をマイカーローンで購入する時、販売店で斡旋しているローンは金利が高い傾向にあります。中古車販売だけではそれ程利益は出ないので、中古車販売店は手数料関連が貴重な収入源になります。ローン斡旋によるマージンも貴重な収入源であり、その分は金利として上乗せされています。

 

こういった状況を踏まえると、中古車を購入する時に、値下げ交渉というのは難しいのが現状です。新車と比べると車両価格における粗利は少ないので、交渉に応じてもらいにくいためです。だからこそ、マイカーローンを低金利な銀行で借りるなどして、支払総額を抑える工夫が必要になります。

 

もう1点、低金利なマイカーローンを選ぶほかに、支払総額を抑える方法があります。それは本体価格の値下げ交渉ではなく、売却額についての比較です。自分の今まで乗っていた車を下取りに出す場合、その下取り価格は販売店の言いなりにするしかないと考えている人が意外と多いです。

 

しかし、現在載っている車の査定価格は、他店に持っていけば価格が上がる可能性があります。中古車を購入する販売店でしか売却できないというルールはないので、少しでも高く買い取ってくれる所を探すだけでも、支払総額を大幅に抑えられる可能性があります。

 

購入時には中古車の値引きが難しいのであれば、ローンで買う際には負担を抑えたマイカーローンを組み、結果として支払額を抑えるしかありません。新車のように値引き交渉ができないため、ローンを使って買うのであれば中古車対応の安いマイカーローンを利用するようにしてください。